社会福祉法人大阪市社会福祉協議会・大阪市ボランティア・市民活動センターのスタッフブログです。




2018年8月9日木曜日

ときどき”記者”よーせーこーざ【第5期】受講者募集!

市民ボランティア記者としての必要な基礎知識や取材時に必要なスキル、読者の心に届く表現の仕方・工夫などを学ぶプログラムです。
 
★★ときどき”記者”とは・・・★★
養成講座を受講後、『ボランティア・市民活動情報誌COMVO (コンボ)』の企画会議、取材、原稿作成に参加する市民記者です。シゴトとオウチの間で「ときどき」ボランティア活動をするという意味でネーミングしました。
 
 【1】 9/13(木) ここでしか聞けない話 
  インタビューやコミュニケーションの中で、活動者や参加者の思いを聞き出すコツを学ぶ。
 
 【2】 9/20(木) 心に届ける文章力
  たくさんの取材ネタの中から読者に伝えたいことをチョイスし、どう「伝わる文章」を書くかを学ぶ
 
【3】 10/4(木) 誌面に映えるタイトルのつけ方
  写真や文章を要約する方法、読者が「読みたい!」と思う見出しやキャプションのつけ方を学ぶ 

■日時  9月13日(木)、9月20日(木)、10月4日(木) いずれも午後6時30分~8時15分まで     
■場所 大阪市立社会福祉センター第7会議室(大阪市天王寺区東高津町12-10)           
■定員 30人(先着順)
■対象・条件 文章作成スキルを身に着けたい人、市内のボランティア・市民活動に関心のある人
■参加費 1,500円(全3回)
 
--------------------------------------------------------------------
*市民ボランティア記者として活動がしたい
*やりがいのあることがしたい
*色んな人と出会って話を聞きたい
*自分の思いを活字にしてみたい
*シゴトやオウチ以外の場で活動したい
*情報発信のスキルを高めたい

そんな皆様はぜひこの講座にご参加ください。ご参加お待ちしています!
 

 
 
 

2018年7月24日火曜日

ボランティアバスを運行します

7月の豪雨により大きな被害が発生した倉敷市への支援を目的として、ボランティアバスを運行いたします。

■運 行 日 :平成30年7月31日(火)
 *現地活動1日間(31日(火))
 *午前6時なんば出発~午後7時帰阪

■活 動 先 :倉敷市内
■募集人員:先着30人
■参 加 費 :無料(ボランティア保険、その他の食事等は各自負担)
■受付日時:7月24日(火)午後1時~
■問合せ先:大阪市ボランティア ・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会) 
 電話 06-6765-4041
 ホームページ http://www.osakacity-vnet.or.jp/


★詳細はチラシもしくはホームページをご確認ください。

 

2018年7月11日水曜日

ボラセンのニューフェイスです☆

 
7月から職員として加わった、岩尾京子さんを紹介します!

 
<自己紹介>
この度、大阪市ボランティア・市民活動センターに勤務することになりました岩尾京子です。
 
ちょうど一週間が経過しましたが、自分の身近なところで多くのボランティア団体が多様な活動を展開されていることを知り驚いている状況です。
優しく頼もしい先輩方に日々教わりながら、的確で丁寧な対応ができるよう努力したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
おくばっくんからひょっこりと顔を出すチャーミングな岩尾さん。
 
ボラセンで見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね。
 

2018年6月5日火曜日

「第10回地域こども支援団体連絡会」を開催します

市内のこども食堂や学習支援活動など、こどもの居場所づくりに取り組む団体と、それを応援する企業などが集まる連絡会を、偶数月の第3金曜日に開催しています。

活動団体や活動に関心のある方、また応援したい法人など、参加希望の方は申込書をダウンロードのうえ、メールまたはFAXにてお申込ください。


日時:6月15日(金)午前10時~正午

場所:大阪市立社会福祉センター1階第7会議室
    最寄駅:地下鉄「谷町九丁目」、近鉄「大阪上本町」
 

内容:地域こども支援ネットワーク事業の案内、情報交換会など
  
申込:6月11日(月)まで
  
参加申込書のダウンロードはこちら
http://www.osakacity-vnet.or.jp/180615mousikomisyo.doc

2018年5月15日火曜日

ボランティア・市民活動情報誌『COMVO』6月号を発行しました


COMVO6月号には、お得情報が充実!
 

「大阪市ボランティア・市民活動センターでは何ができるの?」
「いつ開いている?」

気になる方は34をご覧ください。
 
ボランティア・市民活動の相談や情報収集ができるだけじゃないんです!

コピー機・輪転機(有料)や、会議スペースの予約ができるほか、
 
市民による図書コーナー
ふらっとフラットまちライブラリー@OCVAC
もあります。


912の『 情報マーケット 』コーナーも、
QRコード がついて利便性がUP

ボランティア、イベント・セミナー、助成金情報など、
主催団体ホームページへ簡単にアクセスできるようになりました。


日々進化を続けていくCOMVO

大阪市内の地下鉄主要駅、公共施設などに設置のほか、
ホームページからもダウンロードできます。
 
http://comvo.lekumo.biz/home/2018/05/comvo227-a6fb.html


http://comvo.lekumo.biz/home/2018/05/comvo227-a6fb.html

2018年4月14日土曜日

ボランティア・市民活動情報誌『COMVO』5月号を発行しました


毎月発行している、ボランティア・市民活動情報誌『COMVO』。
4月から顔入りのロゴに変わりました。

 子どもの生きる力を育む” を今年度はテーマに、


5月号では淀川区の「北中島宿題ひろば」を紹介しています。

子どもたちの “放課後の居場所づくり” を進める
地域ぐるみの取り組みで、
地元にある大阪保健福祉専門学校の学生たちも協力しています。

大阪市内の地下鉄主要駅、公共施設などに設置のほか、
ホームページからもダウンロードできます。どうぞご覧ください。



2018年4月6日金曜日

ボランティア保険受付中

大阪市ボランティア・市民活動センターと、
市内24区のボランティアビューロー(各区社協)では、
ボランティア活動中の万が一に備えるボランティア保険加入申込を受け付けています。

保険種類は、次の4種類です。
ボランティア活動保険
・・・ボランティア活動中のさまざまな事故によるけがや損害賠償責任を補償します。
ボランティア・市民活動行事保険
・・・地域福祉活動やボランティア活動のさまざまな行事・イベント中の主催者や参加者のけがや主催者の賠償責任(主催者責任)を補償します。
非営利・有償活動団体保険
・・・ボランティア活動保険の対象外で、有償活動を行う団体の、さまざまな事故によるけがや、利用者などの身体や財物に損害を与えた場合の賠償責任を補償します。
移送中事故傷害保険
・・・高齢者・障がい者等の移送サービス事業中の事故を補償します。移送サービス中、自動車に搭乗している間の急激・偶然・外来の事故により、身体に傷害を保証します(※賠償責任はありません) 
 
詳しくはこちらをご覧ください。

新年度のボラセンが始まりました!

平成30年度の大阪市ボランティア市民活動センター業務がスタートしました。
4月からの新規採用職員を紹介します。

<前田 拓(まえだ たく)写真前列右側>
今年3月末までは、鳥取県智頭町(ちづちょう)の中山間地域で、廃校となった小学校を舞台に、地域おこし協力隊として地域運営組織の事務を担当していました。
地域を越えて、熱い想いを持ったたくさんの人たちとつながりたい、“まちを良くしたい”想いをカタチにするお手伝いをしたいと考えていたところ、ご縁を頂きました。
大阪市内で仕事をするのは、地域活動協議会を支援するまちづくりセンターで勤務以来、実に3年ぶりとなります。
「大阪市市民活動総合相談窓口」を担当することになりました。
懐かしい仲間との再会、新しい出会いにワクワクしています。どうぞよろしくお願いいたします。

<杉岡 光明(すぎおか みつあき)写真前列左側>
このたびご縁を頂いてこの職場にお世話になります。
人と人の繋がりを大切にして、福祉の仕事に携わっていけたら幸いです。宜しくお願いいたします。

上本町の暖かな春風につつまれて、和気あいあいとした雰囲気のセンターです。
今年度も「新しい出会いと良き人間関係の構築」を大切にしながら、明るく元気に事業を進めていきますので、応援よろしくお願いします。

2018年4月5日木曜日

ボランティア・市民活動情報誌『COMVO 4月号』絶賛配布中!

ボランティア活動でもっとも大切なことは コミュニケーション
だと私たちは考えています。

コミュニケーション(Communication)にボランタリー(Voluntary)を掛け合わせた
情報誌『 COMVO(コンボ)』。

「暮らし・笑顔・自分らしさ」を大切に、人と出会うこと、多様な価値観に触れること、新しい何かを創ることの面白さをお届けすべく、毎月15日に発行しています。
(年10回発行、8月と1月は休刊。無料です)

現在、4月号を絶賛配布中。
今話題の「子どもが主役のみんなの居場所」づくりを特集しています。

センターのほか、市内地下鉄主要駅、公共施設等に配架していますので、
どうぞご覧ください。
http://comvo.lekumo.biz/home/

2018年4月2日月曜日

4月2日より 『大阪市市民活動総合相談窓口』 を開設します

「活動メンバーや応援者を増やしたい」
 「活動をもっと多くの人に知ってもらうには?」 
 「ほかの活動団体や事業はどうしてるの?」
 
あらゆる市民活動についていろいろ話せる相談窓口です!
 
ボランティア・市民活動における困りごと
コミュニティビジネス/ソーシャルビジネスなどの起業や運営についての相談
 
市民活動や社会貢献活動に関するあらゆる相談や問合せをお受けしています。 組織づくりや運営、活動に関すること、活動のネットワークを広げていくことなど、お気軽にご相談ください。
 
相談対象者
 •
大阪市域で市民活動をされている、または始めようとされている方、団体
 •CBを起業されている、またはこれから始めようとされている方、団体
 •大阪市域で社会貢献活動をされている、または始めようとされている企業

「大阪市市民活動総合相談窓口」
【受託事業者】大阪市ボランティア・市民活動センター(社会福祉法人大阪市社会福祉協議会)

〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町12-10 市立社会福祉センター1階
TEL 06-6765-4041 / FAX 06-6765-5618
E-mail ocvic@osakacity-vnet.or.jp
ホームページ http://www.osakacity-vnet.or.jp


≪利用時間≫
月・水・金 9:30~20:30(相談受付は20時まで)       
火・木・土 9:30~17:00(相談受付は16時30分まで)


≪休 館 日≫
日曜・祝日・国民の休日及び年末年始(12月29日~1月3日)